メーカーに対する
コンサルティング

メーカーにおける
特徴・ポイント

各業界の動向を捉えたうえでの経営・事業戦略の策定から、メーカーにおける複雑なビジネスプロセス(開発・マーケティング・製造・販売・管理機能)の最適化・オペレーションの改善まで、あらゆる経営課題を一貫してサポートします。

ビジネスプロセス上の個別最適化だけでなく、全体最適の視点でサポート,現場主義を第一に、現場に密着して改善活動を支援,多岐にわたる業種で、年間500件超の役務提供実績 イメージ

サービス内容

経営・事業戦略策定支援
  • 合理的かつ実現性の高い経営・事業戦略を策定し、中期経営計画等に落とし込み。
  • 計画策定後もモニタリングを実施し、目標達成のためのPDCAマネジメントを支援。
経営管理体制構築
(マネジメントシステム導入)支援
  • 収益やキャッシュ・フローの改善に向けて、お客様に適した管理会計システムの構築と、その運用までを含めた支援を実施。
個別課題解決支援
  • メーカーにおける開発・製造・販売各機能における課題や、品質・納期・コストにおける課題解決の支援。

Q&A

主にどのような分野が対象となりますか?
弊社は食料品や繊維、化学製品、金属製品、輸送機械、電子・電気部品、各種加工業等、幅広い分野で年間600社超のお客様とのお取り引き実績があります。分野の制約なく、対応させていただきます。
メーカーコンサルティングの事例を教えてください。
事例紹介ページをご覧ください。
どれくらいの規模の企業が対象となりますか?
成熟期にある大企業様からスタートアップのベンチャー企業様まで、幅広くサポートさせて頂いております。お客様の規模やステージによらず、柔軟に対応いたします。
他社と比較して、山田コンサルティンググループの強みは何ですか?
経験豊富な各分野のプロフェッショナルが在籍しており、様々な経営課題の解決に適した体制をシームレスに組むことができます。現場主義に基づき、お客様を理解し、ディスカッションを通じて弊社の知識・ノウハウを反映させることで、実効性を高めています。
具体的な取り組み内容を教えてください。
一般的には、「①現状分析」「②事業戦略の立案(中期事業計画の策定)」「③実行支援」の3ステップで構成されます。特に実行支援においては、抽出された課題に応じて、お客様の持つ開発・営業・製造・物流といった機能ごとに、改善活動を支援させていただきます。
詳細は事例紹介ページをご覧ください。
コンサルティングを導入するまでのステップについて教えてください。
「①お問合せ」「②面談」「③提案・お見積り」「④契約」「⑤コンサルティング実施」というフローが一般的です。「③提案・お見積り」までは、費用は発生しません。
導入後はどのような頻度で対応してもらえますか?
定期的な訪問から、常駐での対応まで、お客様ごとの状況・ご要望に合わせて柔軟に対応致します。
コンサルティングの期間はどのくらいですか?
お客様によって様々です。持続的成長コンサルティングは、その名の通り継続的な取り組みが前提となるため一概には言えませんが、例として「現状分析から中期事業計画の策定」までで、数ヶ月~半年程度が目安となります。実行支援はお客様とのご相談によって期間を決定します。
どのような体制で実施するのですか?
基本的には、お客様のご担当者と弊社メンバーとでプロジェクトチームを組成し、コンサルティングを進めていきます。
コンサルティングの報酬はどのように決まりますか?
お客様の規模や、ご支援領域、関与方法等により異なります。ご提案の際に、これらご要望を踏まえてお見積りをさせていただきます。
地方でも対応可能ですか?
弊社では全国にコンサルタントを配置していますので、地域を問わず対応可能です。
海外でも対応可能ですか?
弊社の海外拠点がある中国・タイ・シンガポール・ベトナム・インドネシアには日本人コンサルタントを配しており、国内と同様のワンストップサポートが可能です。また、米国及び欧州におけるM&Aのアドバイザリー業務の体制も整えております。

メーカーに関連する
事例紹介