事業再生
コンサルティングフロー

再生に向けた改善施策立案から社内外のコンセンサス形成まで、どのようなステップを踏むかを企業とともに考えます。これらステップはすべての企業に共通する「定型パターン」ではありません。現状分析で発見された問題点の性質によって柔軟に設計し、最も効果が期待される工程を、オーダーメイドで提供します。

  • STEP1 定性情報・定量情報に基づく現状分析

    • 資金繰り、予算実績管理調査
    • 事実上の観点から財務分析を実施(必要に応じ財務デュ―デリジェンス)
    • キーパーソンに対するインタビュー
    • 財務分析、面談結果により事実上の問題点を整理、分析
    • 改善シナリオの概要策定
  • STEP2 本質的問題点の把握と改善シナリオ

    • 客観的データ収集と事業分析(マクロ環境分析、競合分析、企業ポジショニング分析)
    • 事実上の問題点の詳細調査と改善施策の立案
    • 経営ビジョンの策定
    • 改善シナリオの見直し、策定
    • 改善効果の試算、事業計画の策定
  • STEP3 利害関係者の納得と施策の実行

    • 本質的な事実上の問題点についての関係者の理解、改善シナリオの実行支援
    • 営業現場、生産現場における個別アドバイス
    • 経営会議、業績会議の運営支援とフォロー
    • 業績改善のためのプロジェクトチームの設置、運営とフォロー

Related content

事業再生コンサルティングに関するページはこちら