持続的成長
コンサルティングフロー

持続的成長には、「現状分析」「戦略策定」「戦略実行」の3ステップがあります。「現状分析」では、適切で客観的なマーケット・自社分析により、持続的成長のための課題を構造化していきます。「戦略策定」では、経営ビジョンと事業戦略を統合し、各種計画を落とし込んだ中期事業計画の策定を行います。弊社では、持続的成長のシナリオをお客様とともに描くことはもちろん、事業計画達成のための「戦略実行」支援までワンストップで対応します。

  • STEP1 現状分析による課題の構造化

    • マーケット分析による経営環境の把握
      (市場規模、業界構造、競合、顧客情報等の過去分析及び将来予測)
    • 自社分析による強みや競争優位性の把握(定量、定性両面にわたるアプローチ)
    • 課題の整理、構造化
    • KSF(重要成功要因)の特定による優先順位の明確化
  • STEP2 戦略策定(中期事業計画策定)

    • 経営ビジョンと事業戦略の統合
    • 数値計画
      (数値シミュレーションによる蓋然性の検証及び財務計画・資金繰り表の作成)
    • KPI(業績評価指標)の設定
    • 経営資源配分計画(ヒト・モノ・カネ・情報等の有効活用)
    • 計画達成に向けたアクションプランへの落とし込み
  • STEP3 戦略実行

    • PDCAサイクルの仕組みの構築、導入
    • バリューチェーン機能の強化
      (バリューチェーンの全体最適化/営業、開発、製造各機能における現場力改善)
    • 組織・人事体制の強化(制度設計とその運用定着/組織活性化/人材育成、研修等)

Related content

持続的成長コンサルティングに関するページはこちら