不動産コンサルティング
Q&A

不動産コンサルティング事業と謳っていますが、一般の不動産会社との違いや強みは何ですか?
一般の不動産会社は主たる商品があり、例えば流通会社なら「売買仲介」、ハウスメーカーなら「建物建築」という様に、その主たる「商品を売る」ことが目的となります。そのため、自然と提案がその商品を売り込むことに偏ってしまいます。それに比べ、弊社は良い意味で特定の商品(サービス)の売り込みはしません。お客様の立場で、お客様にとって良い提案と役務提供ができます。
どのような方が不動産コンサルティングを利用しているのですか?
資産の大半が不動産で相続対策が必要な地主様や、保有不動産の有効活用や売却・組み換えをしたい法人様が主なお客様です。収益不動産をお探しの方、所有するビルの老朽化にお悩みの方、遊休不動産をうまく活用して収益源にしたい方等、単純に「売るだけ」「建てるだけ」の解決策では不足する方々に多く利用していただいています。
コンサルティング契約までの流れを教えてください。
まずはお客様との面談を通し、課題の洗い出しと整理を行います。そのうえで必要な役務提供を検討し、コンサルティングメニューを作成、提案します。メニューの内容と報酬の両方に納得していただいた後、コンサルティング契約を締結します。
どれくらいの期間が必要ですか?
お客様の課題により、要する期間は異なります。売買仲介なら状況によっては1ヶ月程度で完了することもあれば、物納コンサルティングでは3年間かかった事例もあります。不動産の顧問を任せていただいた場合等は、さらに長い期間役務提供を行うことになります。
報酬体系を教えてください。
  • 売買仲介や物納(自用地)の場合・・・成約価格または相続税評価額の「3%+60,000円(消費税別)」です。
  • 物納(底地)の場合・・・相続税評価額の「5%(消費税別)」が目安です。
その他にも様々なコンサルメニューがありますが、報酬は案件ごとに打合せのうえ決定します。
地方でも対応可能ですか?
業務により異なりますので、まずはお問合せページにて、必要事項をご記入の上送信して下さい。
後日、担当よりご連絡を差し上げます。

不動産コンサルティングに
関するその他のページ