コーポレート・ガバナンス
Q&A

どのようなコンサルティングが受けられますか?
コーポレート・ガバナンスにかかるコンサルティングメニューとして、株式報酬を含む役員報酬制度の設計支援、サクセッションプランの策定支援、経営幹部育成支援、取締役改革支援(任意の指名報酬委員会の設置等)を用意しています。
コンサルティングの依頼はどの段階で行えばいいですか?
どの時点からでも対応します。これから検討を開始する段階や、すでに検討を終えられ実行に入られる段階でも、お客様の都合に合わせて対応可能です。
他社と比較して、山田コンサルティンググループの強みは何ですか?
「取締役会改革」からの役員の「指名」と「報酬」は、本来同時に議論すべき検討項目です。弊社ではこれらの分野についてワンストップで対応し、より実効性の高い制度の導入支援を行うことができます。
導入までの流れを教えてください。
「①お問合せ」「②面談」「③提案・お見積り」「④契約」「⑤コンサルティング実施」というフローが一般的です。「③提案・お見積り」までは、費用は発生しません。
どれくらいの期間が必要ですか?
お客様の課題により、要する期間は異なります。役員報酬制度の設計支援は4ヶ月~8ヶ月、サクセッションプランの策定支援は6ヶ月~1年くらいが目安となります。お急ぎの場合にも柔軟に対応可能ですので、まずはご相談ください。
どのような体制で実施するのですか?
経験豊富なマネージャーがプロジェクトの責任者となり、案件の内容に応じ2名~5名で対応しています。原則として途中でメンバーが変わることはありません。
コンサルティング報酬はどのように決まりますか?
お客様のニーズごとに異なります。お話をお聞かせいただき、最適なお見積りをご提示いたします。
地方でも対応可能ですか?
弊社では全国にコンサルタントを配置していますので、地域を問わず対応可能です。
海外にある企業の対応はできますか?
所在国やコンサルティング内容によりますので、まずはご相談ください。

Related content

コーポレート・ガバナンスに関するページはこちら