事業承継
コンサルティングフロー

事業承継は、経営の一大イベントです。実行にあたっては、会計・税務・法律にまたがる高い専門性が求められます。選択肢として「親族内承継」「従業員・役員への承継」「第三者への承継」「株式公開(IPO)」などもが考えられますが、プロフェッショナルの視点からお客様の真のニーズに沿った承継方法を検討し、ベストアンサーへと導くことが私たちの使命です。

  • STEP1 現状確認のためのヒアリング・資料作成

    • 守秘義務契約を締結後、面談(ヒアリング)ベースでの現状確認
    • 可能な範囲で法人情報の共有(決算書、法人税の確定申告書(3期分)など)
    • 仮定に基づいた株価の簡易試算、株価推移シミュレーションの作成
      (作成期間の目安は、資料を提出していただいてから1週間~1ヶ月間程度)
    • 事業承継パターン(親族内承継、MBO、M&A)ごとのシミュレーションの作成
  • STEP2 ディスカッション

    • 作成した資料をベースに検討される対策方針を把握し、お客様の意向を確認
    • 複数の選択肢(親族内承継、MBO、M&A)について実行の可能性を検討
  • STEP3 事業承継計画の確定、実行支援

    • 自社株式の承継先、承継方法、タイミング、事前対策について確定
    • 各種手続き(書面の作成、契約の締結、届出、申告等)の実行支援
    • スケジュールの設計・管理及び、税理士、弁護士、司法書士等の外部専門家との連携
    • 利害関係者(親族、取引先、金融機関)への説明における助言、説明資料の作成
  • STEP4 新組織体制づくり

    • 後継者を中心とした組織体制やルールの整備
    • 将来の事業計画及び戦略の策定

事業承継コンサルティングに
関するその他のページ