M&Aコンサルティング

山田グループ全体のM&A情報を集約し、M&Aを成功へ導く体制を構築しています。
グループ内の連携はもちろん、外部との強固なネットワークも活用し、お客様の課題に柔軟に対応します。

サービス内容

  • M&Aの事前検討支援

  • M&A実行後の統合支援

  • M&Aアドバイザリー(FA業務)

  • デューデリジェンス・バリュエーション
    (DD、VA業務)

山田コンサルティンググループにおける強み

  • グループの力すべてで寄り添う
  • M&Aの前後も細やかに対応
  • グループの力すべてで寄り添う

    経営課題の解決策としてのM&A、グループ全体で一貫して対応します

    山田グループ全体のM&A情報を集約し、M&Aを成功へ導く体制を構築しています。グループ内の連携はもちろん、外部との強固なネットワークも活用し、お客様の課題に柔軟に対応します。

    経営者のパートナーとして、寄り添い導くM&A

    企業・事業のあるべき姿や将来の見通し等を検証しながら推進する「ビジネス目線」と、経営者・オーナーのパートナーとして思いや考えを理解しながら推進する「オーナー目線」を両立しながらM&Aを支援します。

    ビジネス目線とオーナー目線の両立 イメージ

    幅広い対応力を活かし、ワンストップで対応

    M&A部門のみならず、コンサルティング部門の知見を結集し、プロジェクトに最適なメンバーをアサイン。高度で複雑な案件でもスピーディーに進行します。社内だけでなくグループ間の連携も密に行い、多くのテーマにワンストップで対応しています。

    総合型M&Aファーム イメージ

    35年の実績に裏付けられた強固なネットワーク
    山田コンサルらしいM&A

    グループ全体で累計10数万社とコンサルティング契約を締結してきた圧倒的な実績を活かし、譲渡企業と譲受け企業の最適な組み合わせを導きます。現在は、日本企業のみならず、外国企業も含めてネットワークを広げています。
    M&A業務を高度な資本、及び経営コンサルティングと位置付け、単なる会社の売買ではなく、新たな価値を創造するコンサルティングと捉えています。

  • M&Aの前後も細やかに対応

    プレM&A・PMI(Post Merger Integration)

    弊社ではM&Aのファームではディールクロージング(案件の成約)を目指すのではなく、弊社は、「永続的に企業・事業が発展し続けるようなM&Aの実現」を目指します。そのための、事前準備・M&A実行後のフォローに力を惜しみません。
    この点は、経営コンサルティングファームならではのM&Aサービスと自負しております。
    日本企業の経営環境はますます困難性を増していきます。よって、M&Aの失敗は会社の命取りになりかねません。
    よりレベルの高いコンサルティングサービス・M&Aサービスが企業より求められており、それに対応するのが弊社の使命だと考えております。

    M&Aの流れ プレM&A PMI イメージ

    M&Aアドバイザリー(FA業務)

    M&Aの業務プロセスは複雑で、実行プロセスにおいては会計・税務・法律等の専門性が求められます。単なるマッチングではなく、企業が持つ課題を解決し、双方のさらなる発展に寄与できてこそ、「M&Aの成功」といえます。
    弊社では、M&A実務の豊富な経験と実績を持つプロフェッショナルたちが、戦略段階から契約後のサポートまで一貫して携わることで「M&Aの成功」へと導きます。

    デューデリジェンス・バリュエーション(DD、VA業務)

    譲渡対象となる事業のデューデリジェンスと、それに基づいた企業価値評価は、売手・買手双方にとって意思決定の土台です。
    売手にとっては、経営実態を可視化しておくことで、実行にあたって制約となる問題を把握し、事前対策を練ることができます。
    買手にとっては、対象企業の事業実態を十分に調査することで、簿外リスク等も含めた経営判断に必要となる真実の情報を得ることができ、高値掴みしてしまうことを回避できます。

Related content

M&Aコンサルティングに関するページはこちら