「業績改善による収益性向上」と
「買収による成長戦略の実現とPMI」

該当領域・事業

  • M&A
  • IT
  • ヘルスケア

事業内容

医療法人

その他特記事項

精神科病院を運営
売上高:10億円程度

企業のニーズ・課題

  1. 不慮の事故により病棟の一部が使用できなくなったことで、収益性が悪化していた。
  2. 当該病院の成長のためにサテライトクリニックの展開を考えていたが、人材確保の問題から計画が進んでいなかった。
  3. サテライトクリニックとなる医療法人を買収後は、「業務の統廃合」と「システム導入」を進めることで、本部コストを圧縮できる余地があった。

ご提案した施策のポイント

「経営理念を実現するためのシステムの構築」を一貫したテーマとし、改善やM&A等の提案を実施した。
①「患者の社会復帰や在宅復帰を目指す」組織を構築するという基本方針のもと、
 実現に必要な医療サービスが提供できるようなシステムを構築。
 例えば、退院患者に対してデイケアを行えるようなシステム(カンファレンス等)を構築した。
②遠方に住んでいて通院負担が大きい患者のためのサテライトクリニック開設に向けて、医療法人の買収を提案。
 弊社から買収対象法人を紹介し、事業譲受に至る。
 事業譲受により、新規開設よりも早期に成長戦略を実現。加えて、医療法人買収後のスケールメリットを活かすべく、
 業務の統廃合とシステム導入を進めることによる、本部コストの圧縮も提案した。

フェーズ

  • フェーズ1

    • 戦略マップ等、改善計画の作成(財務及び主な経営指標のベンチマーク比較と、幹部職員向けのインタビューを行い現状分析)
    • 組織内でPDCAを回すための会議体を設置
    • 管理職の役割定義を行い、モニタリングをサポート
  • フェーズ2

    • 成長戦略の可視化(病床転換、クリニックの新規開設、システム投資等)
    • 近隣クリニックの事業譲受の提案と、ファイナンシャルアドバイザリー
  • フェーズ3

    • 事務部門へのインタビューや業務の可視化により、重複業務やシステム投資による業務削減余地の洗い出し

成果・効果

  • フェーズ1で行った改善計画により、5千万円以上の利益改善を実現。黒字化することができた。
  • 医療法人の買収を実現したことで、売上2億円、利益2千万円の改善。
  • 業務削減余地を洗い出した結果、電子カルテ等のシステムを導入。本部事務員の業務を30%程度削減できた。