建設業特有の論点を押さえた、上手な「組織再編」

該当領域・事業

  • 事業承継
  • 建設業

事業内容

専門工事業

その他特記事項

主体は設備工事業
コンクリート製造・通信工事等様々な事業を運営
年商:30億円

企業のニーズ・課題

  1. オーナーが高齢で、後継への自社株承継を検討したい。
  2. 複数の事業があるが、後継1名にすべて任せるのは荷が重い。
  3. バランスシートが重く、経営事項審査の評点が低い。

ご提案した施策のポイント

・事業承継に際し、持株会社を創設したうえで、株式を後継者に委譲。
・複数ある事業は分社化し、主力事業のバランスシートのスリム化を行った。
・分社した事業については、長い時間をかけてM&Aや社内承継を検討していった。

フェーズ

  • フェーズ1

    • 初期分析(株価算定、経審評点シミュレーション)
  • フェーズ2

    • スキームの検討
  • フェーズ3

    • 持株会社の創設
    • 企業分割の実行

成果・効果

  • できる限り少ない負担で、後継者に自社株を承継することができた。
  • 分社することで、経営事項審査の評点を向上。後継の負担を考えながら、M&A等も検討しやすい体制に移行できた。