宿泊施設の「損益改善支援」

該当領域・事業

  • 持続的成長
  • ホテル・旅館業

事業内容

宿泊施設

その他特記事項

老舗大規模リゾートホテル

企業のニーズ・課題

  1. 事業収益力の強化及び安定化を図りたい。
  2. 毀損している財務状況の改善を図りたい。
  3. 永続企業に向けて従業員主体の運営を推進し、事業運営のレベル向上を図りたい。

ご提案した施策のポイント

【事業別管理の導入】

当施設の事業を細分化し、宿泊・料飲(レストランやバーなど)・温浴・婚礼・売店に切り分け、各事業別で採算管理を実施する仕組みを導入することをご提案させていただいた。

【従業員主体で、施設のコンセプトづくりを実施】

顧客ターゲットが不明瞭であったことから、従業員主体となって当施設のユニーク・セリング・プロポジション(独自の強み)を見つけ、自社の状況を正しく理解することで、販売促進に活かすことをご提案させていただいた。

【組織体制の構築】

事業別管理や施策実行のスピード感を高めるために、組織や部門を整理した。一方、セクショナリズムが生じないよう、各事業部がヨコの連携を取れる仕組みを導入することをご提案させていただいた。

フェーズ

  • フェーズ1

    • 実態を把握するべく現状分析(事業・財務)を実施
    • 現状分析の結果を従業員に共有し、自社の状況及びマーケット環境を理解
    • 独自の強みを発掘し、マーケット環境を掛け合わせることで、施設コンセプトを設定
  • フェーズ2

    • 施設コンセプトに沿った内容で、事業部ごとに収益増大施策を決定
    • 事業部ごとに冗費の削減を進めるべく、コストカット施策を決定
    • 組織の体制を見直すことで、上記の各種施策の実行体制を整えた
  • フェーズ3

    • 事業部別にKPIを設定し、毎月のモニタリングを実施
    • 決定した施策の進捗確認や実行結果を評価し、必要に応じて施策を適宜リバイス
    • 事業年度ごとに業績や施策の実行結果を全従業員で共有することで、施設運営の意識付けを行った

成果・効果

■事業面
・宿泊:顧客ターゲットが明確になったことで、宿泊プラン造成の質が高まり、結果的に販促力の強化に繋がった。
・料飲:各レストランのコンセプトを決めることで来館客の選択肢が広がり、満足度が高まるとともに、来館客リピート率の向上に繋がった。
・温浴:日帰り利用客の客数増加とリピート率向上の施策を実施したことで、収益力を高めることができた。
・売店:オリジナル商品の販売や販促方法、レイアウトを見直したことで、収益力を高めることができた。

■財務面
・事業部別に採算管理を実施することで、利益創出の意識が高まり、結果的に原価率の安定化に繋がった。
・実行した施策に対しての効果検証が定量的になり、施策の質が高まった。
・従業員シフトの見直しやITシステムの導入により業務効率が高まり、人件費の削減に繋がった。