「組織再編」を用いた、「事業承継」
及び「グループ体制の再構築」支援

該当領域・事業

  • 持続的成長
  • 事業承継

事業内容

パレット製造業

企業のニーズ・課題

  1. 社長の子2名(うち1名が次期社長)が経営に携わっている。
  2. 株主でもある社長兄弟の子も役員就任予定。
  3. 社長交代後の経営体制や、次世代への事業承継を見据え、「誰に、どれだけ物的承継(株式の移転)」すべきかを教えてほしい。
  4. 自社株式の評価が相応に高く、株式の移転に相応の負担を要する。
  5. グループ会社ごとに株主構成・経営体制が異なるため、事業承継と併せてグループの意思決定機関を統一したい。

ご提案した施策のポイント

実施後の「株主構成」及び「組織体制」については、「経営(意思決定)」「将来的な事業見通し」「今後の事業施策」「次世代への事業承継」それぞれの観点から、メリット・デメリット等の論点整理を行い、社長、社長兄弟及び後継者の気持ちも踏まえたうえで決定。
続いて、上記を進めるためのスキームを構築。法人を含めたそれぞれのコスト負担に加え、ステータス(社長の孫まで含めると直系卑属が多数おり、資産承継を考えるうえでは個人資産の流動化が重要になってくる等)も踏まえて、新設持株会社による買い取りと後継者への贈与を実施。贈与では、贈与者・受贈者ごとに「暦年贈与」「相続時精算課税贈与」を組み合わせた。
施策実施後には、決定した株主構成となるよう、各株主の気持ちを踏まえたうえで買い取り・贈与株式数を検討・決定した。

フェーズ

  • フェーズ1

    • 現状把握
      ①各社株式評価額の算定
      ②次世代の経営イメージ共有
  • フェーズ2

    • スキーム構築
      ①スキーム案出し
      ②各スキームごとの論点、メリット・デメリットの整理
      ③コストシミュレーション
      ④スケジュールイメージの共有
  • フェーズ3

    • スキーム実行
      ①各種契約書作成
      ②利害関係者への説明
      ③実施スケジュール管理
      ④顧問税理士との連携
  • フェーズ4

    • アフターフォロー
      ①新設持株会社のCF試算(返済計画等)
      ②その他質問対応

成果・効果

  • 社長、後継者、その他株主、金融機関等、各関係者の理解を得ながら、全員が納得できる「スキーム」「株主構成」「グループ体制」を実現することができた。
  • 事業承継(物的承継)だけでなく、将来的な事業展開を見据え、「新たなグループ体制の構築」「社長の資産承継対策」にも資することとなった。