ホテル・旅館業における、
キャッシュ・フロー改善支援

該当領域・事業

  • 事業再生
  • ホテル・旅館業

事業内容

ホテル・旅館業

その他特記事項

雄大な自然に囲まれた大型リゾートホテル
創業50年を超える老舗ホテル
150室程度

企業のニーズ・課題

  1. 顧客離れにより、徐々に収益力が低下していた。
  2. 周辺の自然の雄大さに自信があり、インバウンドに注目しているが、どのように外国人客にPRすればよいのかわからない。
  3. 大規模な設備投資は避けたい。

ご提案した施策のポイント

海外旅行代理店に積極的にPR(※)を行い、団体ツアーの積極的な受け入れを開始。コト消費ニーズに応じた、敷地内広場を活用した「体験型プロダクト」の企画や、自社農園で採れた食材を利用していることのアピールも実施した。さらには、かつてのTVCMを想起させるような、ラジオCMによる宣伝も行った。加えて、最低限の設備投資計画の策定も実施した。
※具体的には、周辺の自然を巡る3泊~7泊程度のツアーの中継地として、当該ホテルの利用を組み込んだツアーを積極販売

フェーズ

  • フェーズ1

    • 内外の環境分析(特に本件では、経営陣との対話を重ね、お客様の強みを中心にPRできるポイントを探っていった)
  • フェーズ2

    • 営業ターゲットの明確化と、ターゲットニーズの拾い上げ
    • 販売プランの案出し
  • フェーズ3

    • 営業の実施(国内外旅行代理店やランドオペレーターに対して)
    • 予約受け入れ体制の構築
    • 月次での予実管理の実施
  • フェーズ4

    • 代理店へのアンケートの実施
    • 販売プランの定期的見直し
    • 関係各所とのすり合せや、新提案の実施

成果・効果

  • 営業利益が△10万~1千万円程度の水準から、1億円程度まで大幅に改善した。(2018年10月現在で3期連続中)
  • 客単価はほぼ横ばいだが、客数が10%超の伸びとなり、客室稼働率も9%程度改善した。
  • 周辺地域の認知度が向上した。(昔のTVCMを思い出して、宿泊してくれるお客様等も増加)