インドネシアの食品市場の動向2019

2019.04.08
  • 業界トピックス
  • インドネシア

【日系企業進出における魅力と懸念点及び食品市場の動向】

世界第4位の人口規模と世界最多のイスラム教徒を擁するインドネシアは、18,000以上の島々からなる島嶼国家で、300以上の民族から成る多民族国家といった特徴を持ち、ASEAN最大の経済規模を誇る。堅調な経済成長や中間所得層の拡大により内需市場は活況を呈している。
そのため、海外からは労働市場としてだけでなく 消費市場拡大を有望視されており、ASEANの中心国の1つとして国際社会での存在感を増している。本レポートではインドネシアにおけるマクロ環境と今後の動向を踏まえた日系企業の市場機会を示した。

レポートダウンロード

Contents

1. インドネシアのマクロ環境

2. インドネシアの外食・食品小売市場

3. 日系企業におけるインドネシア市場の魅力と懸念点

 

 ※以下、レポートより一部抜粋

 

執筆:山田コンサルティンググループ株式会社 シンガポール支店

   Spire Research and Consulting Pte Ltd.

 

 

本レポートに関するご感想、ご質問は下記問合せフォーム、またはメールにてお寄せ下さい。

https://www.yamada-cg.co.jp/contact/

 

メールの方はこちら

global-support@yamada-cg.co.jp

  • 海外事業コンサルティングサービス内容
  • セミナー情報