対処すべき課題

経営コンサルティング事業

経営コンサルティング事業における戦略は、企業のあらゆる経営課題を解決するプロフェッショナル集団としての認知を勝ち取り、「総合コンサルティング会社」の地位を確立することであります。重点戦略は以下の通りです。

  • M&A等資本に関するコンサルティングにおいて、中長期的な視点でクライアントの資本の部の課題に着目し、問題解決の提案を実行
  • 「働き方改革」「事業承継」「M&A」を切り口に総合的なコンサルティング役務を全社で展開
  • 海外戦略に対する提言を切り口に、上場・大規模企業との関係を強化し日本企業への戦略提案を継続的に実施
  • 地域の医療業界再編・適正化を主導・先導し、地域のインフラ・生活機能及び産業(経済面)としてのヘルスケア領域の支援コンサルティングを実行
  • 事業再生ニーズの高まりを受け専門性の高い再生役務を提供する体制の強化
  • ITサービスとSI(System Integrator)をベースとしつつ、安定的収益財源(ストック)としてITソリューションを提供
  • 経営コンサルティング機能強化
  • 新規テーマの開発(業種別、事業改善、FAS、GRC、BtoBマーケティング、組織心理行動分析、CRE 戦略等)

不動産コンサルティング事業

不動産コンサルティング事業における戦略は、営業拠点及び顧客からビジネスパートナーとしての認知を獲得し、不動産に関する総合的な提案ができる「不動産コンサルティング会社」を目指すことであります。重点戦略は以下の通りです。

  • 富裕層の資産運用(活用)の各ステージで継続的パートナーとなれる不動産コンサルティングサービス展開と認知獲得
  • 経営コンサルティング部門及び提携会計事務所への情報発信と提案型営業の強化により潜在的ニーズを喚起、付加価値提供を主導
  • 資産管理部門の機能強化を図り富裕層クライアントを拡充
  • 投資事業への本格取組みによる収益事業化を目指す

教育研修・FP関連事業

教育研修・FP関連事業における戦略は、人材育成のソリューションを提案できる「人材育成コンサルティング会社」を目指すことであります。また、これまで蓄積してきたノウハウとネットワークを活かし、新規事業を実現することであります。重点戦略は以下の通りです。

  • 金融機関のみならず、金融機関以外の事業会社の社員教育等、新たな顧客層の開拓
  • 顧客ニーズにあった商品への見直し・商品開発、人材育成に関する教育プログラムの提案
  • 経営コンサルティング事業との協業・相続手続に関するサポート業務(商品名「相続あんしんサポート」)の早期の事業的規模への拡大

投資・ファンド事業

キャピタルソリューション弐号投資事業有限責任組合は、投資回収活動に注力いたします。
キャピタルソリューション参号投資事業有限責任組合は、事業承継コンサルティングの一環としての機能を果たすべく、金融機関と連携し慎重に投資実行を進めてまいります。